前へ
次へ

家族葬を行う時のメリット・デメリット

小さなお葬式のひとつとして知られている家族葬にも、メリットとデメリットが存在しています。
メリットとして挙げられるのは、費用を安く抑えられることです。
参列者が少ないため、料理や返礼品といった費用を抑えることができます。
また、会場を借りる時にも小さな会場でいいことや、祭壇なども見栄えを気にすることなく飾ることができるでしょう。
また、近隣の人や参列者に対して配慮することなく、なくなった方への喪に服すことが可能となります。
葬儀の場合、通常であれば参列者から声をかけられたり、声をかけたりすることや料理の用意、焼き場に行く時間や葬儀の予定などについて葬儀社と打ち合わせることが必要です。
あまりに多忙すぎてお葬式の時になくことができず、後から故人の喪に服す形となることが少なくありません。
抜け殻のようになってしまうことも多いといわれているため、小さな葬儀であれば故人の冥福をその場で祈ることができるでしょう。

当葬儀社はトータルサポートのため初めての方でも安心してお葬式ができます
経験豊富なスタッフが葬儀に関するお手続きや葬儀後の法要などに関するサポートも行っています。

遺品整理後の維持管理もしっかり行う埼玉の業者
わんぱくお掃除隊は作業後のサポートもばっちりです

合同埋葬・供養祭も行っています
献花やお供え、お写真などをお持ちいただける供養祭を行うなど、大事なペットへの心をこめたお見送りができます。

堺市立斎場の式場見学のご案内
葬儀場も目で見て確かめる時代です

家族葬 尼崎
地域トップクラスの低価格を実現しております

デメリットとしてあげられているのは、参列者を限定してしまうことによって、後から苦言を呈されることが多いことです。
葬儀の方向性を決めることは喪主や家族がすべきことであるため、故人と親しかった人であっても呼ばれないことはよくあります。
遺族が個人の交友関係を全て把握していない場合には、家族葬に呼ばれることがないことも多いです。
そのため、最後に顔を見たかった人や、冥福を祈りたかったという人から苦言を呈されることを理解しておきましょう。
また、葬儀を済ませた後に自宅への弔問に訪れる人は少なくありません。
ある程度親しかった人が多い場合、葬儀以上に対応が大変となることも理解しておくことが必要です。
また、香典による収入が全く見込めない葬儀プランとなるため、自分たちが費用を持ち出さなければならないことも理解しておいてください。
亡くなった方の遺志や遺言によって、家族葬を行う家庭は多いといわれていますが、後から起こることについても考えておくことが必要です。

Page Top